当サイトでは、外壁塗装についてのさまざまな情報を掲載しています。
どんなメリットがあるのか、どのようなタイミングで行うべきか、どんな塗料があってそれぞれにどんな特徴があるのか、どのような工法で行うのかなどを紹介しています。
また、外壁は家の印象を決めるのにたいへん大きな役割を果たすものですので、どのようにデザインしたらよいか、色選びの際にどんなことに注意したらよいかに関するアドバイスも提供しています。

デザイン性の高い外壁塗装について

デザイン性の高い外壁塗装について 外壁は面積が広いだけに、そのデザイン次第で家の印象が大きく変わってきます。
外壁塗装の力で、おしゃれな家、センスのいい家という印象を与えるにはどのようにしたらよいでしょうか。
色選びがやはり決定的に重要になってきます。外壁全体を一色のみで塗装するというのが最も一般的でしょう。
ただ、その場合はどちらかというと平凡な印象になりやすいものです。ツートンカラーの外壁塗装の方がよりデザイン性が高いという印象を与えやすくなります。
二色の色あわせは、同系色でまとめると落ち着いたシックな感じになります。異なった色どうしを組み合わせると、個性的でポップな印象になります。
また、二色の塗り分けの割合は半分ずつより、どちらかを多めにしてメインカラーとし、もう一方を補助的に使った方が全体の印象がまとまった感じになります。

普通の住宅でもデザイン性は外観塗装で賄える!

普通の住宅でもデザイン性は外観塗装で賄える! デザイナーズ住宅はとてもオシャレで高級感がありますが、設計費や工事費が高額になることがネックです。
しかし、普通の住宅でも外壁塗装をするだけで外観が良くなり、デザイナーズ住宅のような外観にすることが可能です。
外壁塗装は工事費も安く、手軽に普通の住宅の見栄えを良くすることができます。
外壁塗装で普通の住宅のデザイン性をアップするには、塗料の色の選び方が大事になってきます。
色選びの基本は周囲の環境との調和ですので、住宅の周辺の環境と調和するような色を選ぶようにします。外装工事の業者はカラーコーディネートのプロでもありますので、業者と相談すると周囲の環境と調和する色を選んでもらえます。
住宅の種類によっても色の選び方が変わってきますので、住宅の種類に合った色を知っておくことも大事になります。
北欧スタイルの住宅はジェードグリーンやパールグリーンのような森をイメージさせる色が最適で、住宅のデザイン性が格段に良くなります。
シンプルモダンな住宅は檜皮色や香色などが良く、暖かい雰囲気の住宅になります。
ヨーロピアンスタイルの住宅には、弁柄色や丁字色、土器色などが最適で、素朴な感じで温かみのある住宅に変わります。

外壁塗装で気温の影響を受けにくい家を鵜t来る

外が少し暑くなるだけで室温も上昇してしまい、快適に過ごせないことを悩んでいる時にも外壁塗装が役立ちます。断熱性で優れる塗料で壁などを塗り替えるだけで、気温に影響を受けにくい住宅を作れるところが魅力です。
夏の暑さだけでなく冬の寒さを軽減できるという点でも、断熱塗料は多くの人から注目されています。寒冷地では壁や屋根に雪が残りにくいように塗料の性能にこだわることも多く、季節を問わずに快適に暮らせる住宅を作りたい方々におすすめです。室内の快適性を高めるだけでなく、室内と室外の温度差を減らすことで窓の結露を防止する効果も期待できます。結露を放置しているとカビが屋内に発生してしまい、健康面に被害が及ぶ可能性もあるので注意が必要です。外壁塗装なら目的に合わせて塗料を選びやすく、周辺の気温に適した塗料を教えてほしいといった質問もスタッフに送れます。省エネ効果でも優れているために、月々の光熱費を減らしたい方々にもおすすめです。

外壁塗装工事の繁忙期を避けるべき理由とは

外壁塗装はいつでも工事ができるわけではなく、閑散期と繁忙期があるので、依頼のタイミングによってはかなり待たされることになるのではないでしょうか。
外壁塗装業界の繁忙期は、暖かくなり始めた春と暑さが落ち着く秋の2回で、それぞれ2ヶ月ほど続きます。理由はこれらの季節は雨が降る日数が少なく、台風などの影響も受けにくいことにあります。また湿度も落ち着くので塗料が乾きやすく、効率的かつ予定通りに工事が進みやすいのも理由です。当然ですが、宣伝をしなくても外壁塗装の依頼が舞い込んでくるので、この時期に工事を依頼すると費用が高くなります。待たされる上に費用も通常よりアップするわけですから、急を要する状況でもないなら焦らずに、この時期を避けて工事を依頼することをおすすめします。外壁塗装は冬に降雪する地域では不可能ですし、夏場は雨で工事が中断することになり得るので、冬から春に掛けてと、春から夏に掛けての季節の境目を狙うのが総合的に考えて賢明ではないでしょうか。

外壁塗装に掛かる日数は建物や作業内容による違いがあります

戸建て住宅の外壁塗装を行うタイミングは、新築から8年、塗り替え後には用いた塗料による違いはあり、6年から10年程度の間隔で施工することが一般的です。
外壁塗装に必要とされる日数においても、平屋住宅では足場が不要になりますが、2階建て住宅は足場は必須なので施工会社のタイミングで違いはあるものの足場設置と養生作業、外壁洗浄で1日から2日程度掛かることが基本です。その後は下塗り塗料を塗り広げ、完全に硬化するまで待機が必要です。待機時間が夕方になるようであれば、翌日以降に中塗りと上塗りを行うものなので、塗装作業だけで早くても3日程度となることが目安になります。足場の撤去作業も含めた場合では最短で4日程度、長くても6日程度掛かることが多い傾向にあります。全ては依頼先の施工会社によることが多く、例えば中塗りを朝から行った場合、午後3時程度から上塗りをする会社があれば翌日に持ち込む会社もあるように、建物と作業内容、施工会社のスケジュールで違いは出ます。

外壁塗装の劣化の判断に役立つチョーキング

外壁塗装は経年で退色して色が薄くなったり、壁に細かなひび割れが生じることで劣化が判断できますが、他にも判断方法はあるのではないでしょうか。
チョーキングは劣化した塗料が粉を吹く現象のことで、傷んだ外壁塗装に見られるケースが少なくないです。チョーキングが発見されたからといって、すぐに外壁塗装が必要になるとは限らないものの、あまり猶予が残されていないのも確かです。放置すれば劣化は免れられませんし、建物を保護する塗料の層が薄くなっているので、外壁にダメージが生じる恐れがあります。他の症状も含めて複数の症状が出ている場合は、塗料の寿命と考えて、外壁塗装の塗り替えを検討することをおすすめします。早ければ早いほど良いのは確かですし、早めに塗り替えたからといって損をすることはないです。むしろ劣化現象に怯えずに済むようになること、再び10年先まで安心して暮らせるメリットが得られることの方が大きいのではないでしょうか。

外壁塗装の耐久性とは耐用年数についてのポイント

外壁塗装の耐久性は住宅のメンテナンス、リフォームなどの計画にも影響するので、しっかり知識を頭に入れるのが望ましいのではないでしょうか。
外壁塗装は一般的に10年ごとに塗り替えるべきといわれていますが、その根拠は標準的な塗料の耐用年数にあります。つまり塗料が傷みにくい日照時間が短く、年間を通して気温が低いような地域であれば、十分に10年以上持つと考えられます。逆に日照時間が長くて直射日光が当たりやすい立地、年間の気温や湿度が高い地域だと、5年が経過して早い段階で劣化が見られる可能性が高まります。外壁塗装は塗料の種類によってもかなり耐久性が左右されるので、一概に10年に1回の塗り替えが必要とはいえないです。しかし傷みが早く進行する条件の環境であっても、10年くらいは耐えられる可能性がありますから、このサイクルを目安に塗り替えるといわれているのも一定の合理性があるといえます。大切なのは外壁塗装の実際の状態を見て確認することですから、工事をして5年が過ぎたら毎年1回は状態をチェックして、劣化が見られたら早めに塗り替えを検討し始めるのが安心ではないでしょうか。

外壁塗装に関するお役立ちリンク

屋根や外壁などのリフォームを行う会社のサイト

外壁塗装 世田谷区

新着情報

◎2022/12/02

情報を追加しました。


>外壁塗装で気温の影響を受けにくい家を鵜t来る
>外壁塗装工事の繁忙期を避けるべき理由とは
>外壁塗装に掛かる日数は建物や作業内容による違いがあります
>外壁塗装の劣化の判断に役立つチョーキング
>外壁塗装の耐久性とは耐用年数についてのポイント

◎2021/6/10

依頼するときに注意したいポイント
の情報を更新しました。

◎2021/2/8

壁の種類、モルタル壁とは
の情報を更新しました。

◎2020/10/6

清掃や修繕も含む外壁塗装の全内容
の情報を更新しました。

◎2020/6/17

外壁塗装の見積もり依頼
の情報を更新しました。

◎2020/2/27

外壁塗装業者選びのコツとなる見積もり
の情報を更新しました。

◎2018/12/12

外壁塗装なら優秀な業者
の情報を更新しました。

◎2018/8/6

晴れの日に行う
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

外壁塗装をしたいなら
の情報を更新しました。

◎2018/1/10

中塗りまで行う外壁塗装
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

リシン吹きつけの外壁塗装
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイトを公開しました

「外壁 デザイン」
に関連するツイート
Twitter

元 

もしかしたら。。。新築の家 4軒は。。。完成したようです。。。 外壁なしという。。。新しいデザインの家のようです。

唯一、通せるのが 『こだわった外壁のど真ん中』 これは大変だった💦 化粧カバーは色が決まってるし、紫外線で色が変わるから😰 仕方ないから、今ある天井を10cm下げて家の見えない側までドレンアップつかってエアコンを付けたんだ🥶 だから建てる人⚠️! 外壁デザインの為にもACの事を考えて!

返信先:大手のHPに掲載されている色のままならかっこいいのですが サッシの色変えたり、玄関周りの外壁だけデザイン変えたりとやろうとするから 言っちゃいましたよ。 ちんどん屋

DIY初心者…というか木工レベル殆ど皆無なのに、一応の日本建築(腕のいい大工さんが建ててくれたらしい)の家の外壁補修を任されるとか、謎の信頼を与けてくれる叔父。「海君、絵とか描くでしょ?デザインとか考えてこう…さ✨」と言って、屋根を指差し何もない宙空にいい感じのラインを描くのやめて